<< 2024年02月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2024.01.11 17:14

駄文書き

きのえ いぬ
・ふと頭に浮かんだ小説の断片みたいなものを書き留めておこうとしたら、なんか次々に言葉というのか、台詞のようなものが次々に湧き出てきて収拾がつかなくなってきたので中断。たまにこういうことがあるな。でも、きっとどこかで壁にぶつかってそれ以上進まなくなるんだろうけど。

2024.01.10 19:12

救援コンテナ

みつのと とい:初金毘羅
・あれが足りない、これが足りないという声が聞こえるのだけど、こういうのって「セット」にならないものなのか。貨物用のコンテナのような標準サイズ化したものに、何十人×何日分かを全部詰め込んで用意しておいて、コンテナごと運んで、中身を取り出したあとのコンテナの内側には断熱材がはってあって、そのまま小屋として使えるというような感じとかなら、とにかく人数だけ確認したら人数分コンテナを降ろして、そのあとはまとまった量の物資をという感じでいけないのかな。まぁ、その程度のことはすでに考えられて、「却下」になったんだろうけど。

2024.01.09 19:03

LibreOfficeさまさま

みつのえ さる:京都西本願寺 御正忌報恩講
・久しぶりにSmallBotのプログラムをちょっといじる。まぁとりあえず言うことはきいてくれた。
・メインで使っているPCのの充電器を持っていくのを忘れたので、現地でLibreOfficeを使って、クラウド側に放り投げていたPowerPointをImpressで開く。駄目かなと思ったけど、スライドショーして結局全部問題なし。以前なら絶対途中でレイアウトがグズグズになったものだけど、互換性も随分あがったものだな。LibreOfficeさまさまというところ。

2024.01.08 18:55

成人の日か

かのと ひつし:防腐天満宮弓始式
・そうか、旗日。成人の日なのだな。こちらは何周目の成人式だろうという感じだけど。
・ExcelでVBAを動かした後にファイルをクローズしようとするとダイアログが正常に表示されなくなるという謎現象。原因不明。セーブされたファイルをもう一回開き直せばちゃんとVBAが動いたのは確認できるけどなんだかな。

2024.01.07 18:49

七草はパス

かのえ うま:太宰府天満宮 うそ替え
・七草ということだな。だいぶ前に七草粥もしたけど、今年はパス。
・原稿がだいぶ進んできたけど、逆に先が長い感。まぁ思いつくまま筆の進むまま。。

2024.01.06 09:21

行政事件訴訟法36条

つちのと み:蛇窪神社初巳祭
・品川区にあるらしい。「白蛇大神さまに崇敬者の繁栄を祈ります」ということだ。
・そして行政法。行政事件訴訟法36条。「行政処分が無効だぁ」である。これがまた書き方が難しい。

第36条
無効等確認の訴えは、当該処分又は裁決に続く処分により損害を受けるおそれのある者その他当該処分又は裁決の無効等の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者で、当該処分若しくは裁決の存否又はその効力の有無を前提とする現在の法律関係に関する訴えによつて目的を達することができないものに限り、提起することができる。

法律は悪文のオンパレード(死語)だな。要するに、何らかの利益を得る者に限定するし、他の法律を使って目的を達成することができるならそっちの法律でで利益を得る(回復する)ようにしてね、こっちに来て「そんなの無効だぁ」なんて騒がないでねってことかな?

2024.01.05 09:06

画像処理というほどでもないけど

つちのえ たつ:久米水天宮例大祭
・画像データの加工をちょっとやっていたら、プログラムのミスで面白い結果が出た。右が元画像で左側が階調を落とした(つもり)の画像。濃淡が明らかにおかしいのですぐそれとわかるのだけど、なんとなく絵画調で面白い雰囲気になった。普通ならこの手のバグは「やらかしちまった」とネガティブに思うところなのだけど、これはなんかいいな。同じように別の階調にするのも試してみたけど悪くない雰囲気になる。すべての画像でうまくいくとは限らないけど、こういう下絵を印刷して水彩で色をつけていくっていうのもありかな。



2024.01.04 08:42

行政法

ひのと う:日光二荒山神社武射祭
・世の中も通常営業。こちらも原稿を進める。
・なんとなく、以前放り出していた行政法などをチラ見する。行政代執行法が出てきた。以前にも書いた記憶はあるけど、自分の頭のリフレッシュも兼ねてもう一回。

 第一条 行政上の義務の履行確保に関しては、別に法律で定めるものを除いては、この法律の定めるところによる。
 第二条 法律(法律の委任に基く命令、規則及び条例を含む。以下同じ。)により直接に命ぜられ、
     又は法律に基き行政庁により命ぜられた行為(他人が代つてなすことのできる行為に限る。)
     について義務者がこれを履行しない場合、他の手段によつてその履行を確保することが困難であり、
     且つその不履行を放置することが著しく公益に反すると認められるときは、当該行政庁は、
     自ら義務者のなすべき行為をなし、又は第三者をしてこれをなさしめ、その費用を義務者から徴収することができる。

・「行政上の義務」ってやつが、私のような民間人としては「行政側の義務」と読んでしまいそうだけど、こちら側がやるべきことだったりするのが、法律用語トラップなのだな。
・第二条のカッコ内に、「法律の委任に基く命令、規則及び条例を含む。以下同じ。」とあるので、第一条の「法律」には条例などは含まないという、なかなか初心者泣かせなからくり。ここで「(他人が代つてなすことのできる行為に限る。)」をカッコ書きにするのはいかなるセンスなのかわからないけど、要するに条例などを含む広義の「法律」で「やれ」と債務者(実行しなくてはいけない人)に命じた行為について、他人が代わってできるようなものについては、行政庁が代執行して費用を請求できるという仕組み。他人が代わってできないのは、「金払え」とか、「騒音たてるな」という類の事柄なのだろう。
・でも、その実行はあくまでも第一条にしたがって、個別の、条例などを含まない狭義の法律に則って行うべしということになるそうでこれまたややこしい。
宝塚市パチンコ条例事件で最高裁は
 国又は地方公共団体が専ら行政権の主体として国民に対して行政上の義務の履行を求める
 訴訟は,裁判所法3条1項にいう法律上の争訟に当たらず,これを認める特別の規 
 定もないから,不適法というべきである。
として「棄却」ではなく「却下」、すなわち検討する余地すら無い文字通りの門前払いとしたということ。

あちらの世界もいろいろだな。

2024.01.03 18:45

やはりの大混雑

ひのえ とら:武蔵御嶽神社太占祭
・「ふとまに」と読むらしい。牡鹿の肩甲骨を焙り、できた割れ目でその年の農作物の出来不出来を占うということらしい。
・何気なくイオンモールに行ったらえらい混雑っぷり。行ったのは100均で、単3と単4のマンガン電池と、小分けになったゼリー状瞬間接着剤を購入。単3の方は、非常用の時計+ライト+ラジオ+手回し発電機に入れる。

2024.01.02 18:37

危機一髪

きのと うし
・海老名方面に出たので、小田急さんの「ロマンスカーミュージアム」へ立ち寄ってみる。提携駐車場はご近所のららぽーとらしいけど、横を通ったら駐車場待ちの大行列。付き合っていられないので、とりあえず場所だけ確認しようと行ってみたら眼の前がコインパーキング。とりあえず入れて、ミュージアムに行ってみる。さほど大きくない建物なのであまり期待していなかったのだけど、思っていたより面白い感じだった。
・帰りに綾瀬インターから海老名のSAに寄ろうかとおもったのだけど、こちらも駐車場待ち行列なので諦める。そのまま圏央道へ。厚木のPAがこれまた行列しているんだな。そういえば、関越方面まで行くなら狭山PAで無料のお茶をいただくのがおすすめ。このお茶が狭山茶なのだろう。無料でいいのか?と思いたくなるくらい美味。
・さて、昨日の地震はまだ落ち着かないようだ。一般参賀は当然のように中止。残念だなと思っていたら今度はまたまた大きな事故。飛行場で航空機どうしがぶつかって炎上という、ほぼありえない事態発生という。日航機と海上保安庁のものらしいけど。
・日航機側のエアバスも火だるまになったけど、乗員乗客は全員脱出したというから、たいしたもの。「プロの仕事」でもあるし、パニックになって暴れたりしなかった(であろう)乗客も立派。
・今年はもうこれ以上悪いことは起きてほしくない。