<< 2024年05月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2024.05.08 09:41

目は復調

みつのえ さる:古四王神社祭
・そのまま「こしおうじんじゃ」で良いらしい。秋田県大仙市にあるそうだ。
・目の奥の方はだいぶ治ってきた感じがする。何だったのだろうな。検索すると視神経炎とか、結構怖いものが浮かんでくるけど。
・まぁ、こういうものは「最悪の場合にどうするか」を決めておいて、心配するのをやめておくのが一番だな。

2024.05.07 09:33

ちょいと外出

かのと ひつし:武蔵御嶽神社日の出祭
・天気がなんだか微妙に悪い。
・ちょっとでかけて戻ってきたのだけど、結構疲れた。
・昨日送ったつもりだった資料は届いていないしで、慌てて携帯でテザリングして送信。テザリングするのも久しぶりだな。以前ならWiMaxの登場だったけど、たしかにこういうときくらいしか使わないし、ギガは余っているし、これでいいのだ。


2024.05.06 09:29

記憶は積分

かのえ うま:金崎宮
・「かねさき」ではなく、「かねがさきぐう」。福井県敦賀市にあるそうで、「恋の宮」とか。もっと若いときに訪れるべきであったか。
・明日のためのちょっとした下準備。
・なんとなく英文の小説などを読み直していると、以前覚えたはずの単語をスポッと忘れていたりする。こういうときに思い出せなかったことを年齢のせいにしたくなるけど、考えてみたら高校性の時なんかも似たようなものだったわけで、結局は「リピート回数不足」なだけだな。要するに記憶というのは、CRなローパスフィルタの先にシュミットトリガなバッファをつけて、ゲート出力を抵抗経由で入力に戻してフィードバックしたという、自己放電する積分回路+自己保持回路みたいなものなので、それなりの短時間で積分してやらないと定着しないのだな。もう少しまめに復習してやろう。



2024.05.05 14:16

目に違和感

つちのと み:府中大國魂神社くらやみ祭
・このところちょっと目が変だ。ある方向に目玉を動かしたときに目の奥のほうがちょっと痛かったり。なんか、あちこちガタがくるな。もう少し様子を見て、長引くようなら眼科だろうか。
・今週の洗濯チャンスか。思い切り洗って干して。取り込んで畳んでしまうのがなかなか面倒であった。

2024.05.04 14:10

原稿前半のチェック

つちのえ たつ:三河一之宮砥鹿神社祭
・「とがじんじゃ」である。
・半袖のシャツとかがかなりくたびれているものがいくつもある。一部は部屋着にするとして、外に着ていくものが少ないな。といっても次々に買うような金も無し。本当はある程度高いものが長持ちするのだろうけど、無い袖は振れない。安いものを探し回るしかないな。
・原稿の前半部分から少しずつ。見直すといろいろ手を入れたくなったり、流石に長過ぎるかと思えるところがあったり。前後半を入れ替えて前半をオマケ扱いにするかな。

2024.05.03 00:38

麦茶

ひのと う:伏見稲荷大社祭
・冷凍庫にいれっぱなしだった去年の余りの麦茶を使って久しぶりの麦茶。まだ5月だというのにな。
・衣替えというほどではないけど、先日ちょっとタンスの中身の入れ替えをしていた。昨年着ていた夏物だけど、だいぶくたびれてきているものもある。ただ、あまりお金に余裕はない。こういうときはネット頼みかなということで、ざっと眺めて、とりあえずこれでいいかというものをポチッとしたら、今日発送されたらしい。写真だけでは質感がわからないから、外しても痛くない程度の値段のものだけど、さてどうなることやら。

2024.05.02 09:29

基板アート

ひのえ とら:沼名前神社例祭
・福山市の「ぬなくま神社」なのだそうな
・円が乱高下とかで騒々しい。日銀の介入はまず間違いないのだろうけど、それにしてもここまで大きく振れるのだろうか。
・とりあえず原稿の最終章まで完成した。あとは書きなぐっている前半部分の見直しだな。
・ふとでかけた先で半端ものの毛糸を安売りというのか100均よりずっと安価に売りしていた。改めて毛糸の値段を見ていると、想像していたより安いものがたくさん出回っている。ベストなどは1500円から2000円くらい、セーターでも2000円から2500円程度の材料費ということになりそうだ。もちろん、腕と根気と時間が必要なので決して「安上がり」ではないけれど。まぁ、足腰立たなくなったような将来、もし運良くそれなりの施設に入居することになったら、のんびりと編み物でもして過ごすか……とか言いながら結局基板の設計なんかやっているような気もするけど。
基板アートを取り上げられているのを見た。まぁ、電子部品をアクセサリにするとか、過去にもいろいろあったけど、どうしてもこっちの世界の住人としては「部品」や「基板」に見えてしまうのだな。まぁ次に基板を作る機会があったら、こういうお遊びアートワークしてみるのも一興かもしれないけど……叱られそうだな

2024.05.01 09:11

DIPな単体CPUを探してみる

きのと うし:結城神社祭
・まだZilogからZ80(の互換品)が売られているのだなぁと思っていたけど、実はディスコン情報がでていたらしい。
・DigiKeyで検索していると、単体CPUとして手軽に使えそうなものは本当に少なくなっている感じがする。6502はWDCで作っていて、秋月さんでも入手できるようだけど。DigiKeyではどうだろう。とりあえずDIP品でまだあるのかざっと検索したら8088やら8086が出てきた。そんな中に紛れてCDP1802とかいうあまり目にしたことがない型番。開いてみると確かにマイクロプロセッサ。数年前に基板を作って楽しんでいる人もいるようだ。
・8088あたりならデータバス8ビットだし、一応gccもあるし、FreeDOSなんていうのもあるしで、趣味使いするなら良い感じではあるか。

2024.04.30 08:37

きのえね・・・まさむね

きのえ ね
・そういえば、甲子正宗(きのえねまさむね)というお酒があったなと頭に浮かんで検索したら、千葉県印旛郡の蔵元の酒だった。”飯沼本家”、つまり地元の飯沼家の本家ということなのだろうな。

2024.04.28 15:23

基板組み立て完了

みつのと ゐ:小御門神社祭
・なんて読むのだろうと思ったけど、「こみかどじんじゃ」。そりゃそうだな。千葉県成田市の名古屋というところにあるらしい。
・とりあえず基板の組み立ても終わり。勇気を持って電源ON。何度もチェックしたし、動いて当たり前だと思うけれど、それでもこの瞬間は小学生の時にラジオのキットを作ったときと変わらない。当時どれだけ動かないラジオを組み立てたのだろう。今回は無事何の問題もなく動いた。でも、ちょっとプログラムを書き換えたほうが良いかな。