2024.06.12 13:22

タッチセンサ

かのえ いぬ:東京日枝神社祭
・先日ちょっともらってきた宿題のタッチセンサについて考えてみる。基本的なアイデアは悪くないと思うのだが、ある条件下ではうまくいかないということに気付いてしまった。
・何か手はあるんじゃないかと考えていてふと思いついた。駆動方法を変えればいいんじゃないだろうか。まぁ、この手のものは特許もたくさん出ているだろうし、既に取られている可能性もあるけれど商品化するのでなければ問題ないだろう。

2024.06.11 13:08

回れまわれ

ひのえ うま
・昨日のことになるけど、電話にメッセージ。そういえば、この前は「パパー!」なんて絶叫するようなメッセージが入っていたりしたっけ。私はパパ活なんてした覚えはないのだが、どちらのパパに掛けたつもりなのだろう。
・などと思っていたら、話は全然違って仕事絡みの模様「後ほどメールします」ということで、メールをチェックしたら随分とお久しぶり。
・ということで、急なことだけど本日打ち合わせ。なるほどという感じ。なんとなく、錆びついていた歯車が今年に入ってやっと回りだしてきたような、そんな感じがする。止まらずに本格的に回りだしたら良いのだけどな。


2024.06.10 13:01

AIヤミ開発が進むだけ?

きのと み:近江神宮漏刻祭
・一応調べたけど字面どおりで漏刻は水時計。
・ロシアの航空基地にあったステルス戦闘機su-57がドローンによって破壊されたとか。
・この戦いで無人攻撃機、無人攻撃艇が大活躍。無人戦闘車とか、ドローンから散布され、自らターゲットを捕捉して移動・自爆するようなものなど、もうなんでもありになるのだろうな。
・AIに何とか規制をかけたいようだけど、結局ヤミ開発が進んだり、「そんなもの知らん」という国で開発が進んだりということになるだけではないのかな。原子力開発などある程度大きな資本や装置、資源などが必要なものと違って、アマチュアでも簡単に手に入るような資材でもやろうと思えばそれなりなものはできてしまうように思うのだろう。
・となると、そのヤミ開発のようなものに対抗できるようにしておくためには、やはりヤミ開発を勧めておくしかないということになってきそうだけどな。

2024.06.09 12:24

慣れてるものほど説明しにくい……か

きのえ たつ:東京 鳥越神社祭
・とりあえずの日曜日。なんとなくの原稿書きで、論理回路の説明が必要なのだけど、改めて説明しようとすると微妙に面倒くさい。日頃なんとなくやっていることほど改めて説明するとなると面倒というのにも似ているか。
・久しぶりに電気シェーバーを使ってみる。単3のニッケル水素電池の電池を入れているのだけどずっとほったらかし。試しにスイッチを入れたら結構いい感じで回りだした。結構持つものだな。
・肌に優しいのはよくわかるけど、剃った後のすっきり感というのかさっぱり感は両刃カミソリで石鹸剃りしたときには叶わない。

2024.06.08 11:45

CommandR+で英語チェック

みつのと う
・英語の例文を見かけてちょっと気になるとCommandR+やChatGPTに質問してみてどう返ってくるか試してみている。
・今日の例文は、「She was standing with tears in her eyes」というもので、なんとなく頭に浮かんだのが「She was standing with her eyes full of tears」だったので、違いはある?」と聞いてみた。
CommandR+の返答は

----------
「She was standing with her eyes full of tears」と「She was standing with tears in her eyes」は、ほぼ同じ意味を伝えますが、微妙なニュアンスの違いはあります。
 前者の「eyes full of tears」は、涙でいっぱいの目、涙が溢れているような状態を表現しています。
 後者の「tears in her eyes」は、涙が目に浮かんでいる、または目に涙を溜めている状態を表現します。前者の表現は、より感情が溢れ出している、涙が抑え切れないような状態をイメージさせます。
 後者の表現は、感情をこらえている、または感動しているような状態をイメージさせるでしょう。

しかし、これらの表現は非常に近い意味合いを持つため、文脈や状況によって解釈やニュアンスの違いが生じる可能性があります。
----------

こんな感じ。with her eyes full of tearsはちょっと違和感もあるけど、そこは指摘されなかったか。

2024.06.07 14:26

宗男くんダイジョーブデスカ?

みつのえ とら
・原稿チェックはやはりPCではしんどいなということで、iPadでチェックしてみることに。やはり圧倒的に見やすい。縦方向の長さが1.3倍くらいあるとこんなに違うか。こういう用途なら圧倒的にタブレットが有利だな。
・米国が武器提供&ロシア領内への武器使用許可を出したことでウクライナ軍がようやく少し好転しつつあるようだ。
・ヨーロッパの各国も本格的に支援体制。どうも眠れる獅子を起こしてしまったというのか、虎の尾を踏んでしまったというのか。そういえば、ネコ科の尻尾の先はかなり敏感らしい。
・そんな中、昨日ちらっとラジオを聞いていたら鈴木宗男議員の国会での質問が流れてきた。なぜかウクライナを旧日本軍になぞらえた上、「武器支援をしているから長引いて毎日多くのウクライナの国民が亡くなっている。日本は武器支援をしていないのだし、停戦の提案をしろ」とか言い出していた。いろいろツッコミどころ満載だけど、とりあえず、侵略国側がさっさと軍を引かないから長引いて、囚人やら少数民族を無理やり連行するがごときやり方で前線に放り込んで、毎日1000人以上も溶かしているのではないのかな?
・宗男くんがコネクションを使って侵略国側に対して軍を引け、これ以上国民を前線に送って殺すなと言うのがスジってものじゃないのかな?
・OKさんのアールグレイを飲んでいたのだけど、なんとなく飽きてきたので、ノーマルな紅茶を20%オフクーポンで買う。といっても、貧民な身としては良い茶葉なんて買えるわけもなく、リプトンの一番安い「ピュア&シンプル」100袋入り。

2024.06.06 13:36

VWorker

かのと うし
・ふと通りがかったところで、選挙のポスター看板。何か近々あったっけ?と思ったら都知事選。そんなに近々だったんだっけな。
・今回ほど「マイナス票」を入れることができたなら……と思った選挙はない。
・この前から「高齢者」を70歳以上にしようという声がチラホラと変な方面から聞こえてくる。まぁ黒い考えはいくら隠そうとしても、尻丸出しのシアースケスケシースルーだけどもね。
・そういえば「何歳まで働くか」とかいうのがあったけど、最近の研究で免疫を使って老化した細胞を除去することができるようになってきたようで、これを使うと若返ってしまうらしい。無論、免疫の暴走ということが起きるとかなりヤバいことになるので、安全性のチェックは相当時間がかかるだろうけど、もし実用化されたらもはや「年齢」自体に意味が無くなってくる。
・その前段階としても、仮想空間でアバターを使って年齢も性別も実在とは全く関係なく活動するというのは、既にVTuberなどで普通に行われているわけで、この延長で普通の仕事をアバターでやる、「VWorkder」がいても問題は無い。本人確認をする手段があれば良いだけだな。

2024.06.05 13:19

原稿チェック

かのえ ね:熱田神宮祭
・原稿のチェック。なんだか読んでいて昔よりしんどい気がするなぁと思ったのだけど、昔より画面が横長なのに本は縦長なんだから、当然といえば当然か。考えてみたら、スマホもタブレットも縦横変更可能。ノートPCはというと、ほぼ横長固定だものな。まぁ、変えられるようなギミックを付加するのも面倒だろうけど、
・とりあえずチェック完了。というところで次の原稿を書き進めないと。

2024.06.04 12:45

トップバリュの炭酸水

つちのと ゐ
・「歯と口の健康週間」だそうだ。「虫歯予防デー」とかいうのが遠い昔にあったような気がする。
・イオンでトップバリュなコーラやらサイダーやら炭酸水を買っていたりするのだけど、グレープフルーツ炭酸がいいなと思っていたら、パイナップルやアップルなフレーバーが追加されていて、この前買ってきて飲んでみたら割と言い。ということで、買いに行くかと行ってみたらごっそり無くなっていた。根こそぎ持っていたのは誰だ……なんかのイベントでもあったのかな

2024.06.03 07:35

コンビニ目隠し

つちのえ いぬ:千住天王例大祭
・千住天王ってなんだ?と思ったら素盞雄(すさのお)神社なのだそうだ
・河口湖町の黒い幕に穴が明けられていると言う。報道を見たけれど、農業用の遮光シートらしくて、穴をあけるというより、指で目を広げたという感じ。
・風も抜けないと困るからこういう隙間の多いものにしたらしい。
・幕の素材を変えるとか言ってるけど、単に同じ遮光シートやら目の細かい金網などを車道側に張って二重する程度でも良いんじゃないのかな。
・昨日、原稿の初稿チェックをしていた。図版がLibreOfficeで描いたものそのままというのがちょっと気恥ずかしい。もう少しお絵描きのセンスがあればなぁとしみじみ。